2017年07月31日

トイレの手洗い台

一階トイレの手洗い台です。
トイレの手洗い台
手洗い鉢は直径35cmの笠間焼きを、天板には栓(せん)を選択されました。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:59| Comment(1) | 主要構造材は天竜ヒノキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

台所流し台の設置二日目

昨日に引き続き流し台の施工です、お陰様で滞りなく設置できました。
流し台の設置
正午前からは洗面化粧台の設置です。
洗面化粧台の設置
夕方からやっぱり今年も雨になりました、お出掛けには浴衣の裾に気をつけて。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 主要構造材は天竜ヒノキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

台所流し台の設置

今日は朝から一階台所で流し台の設置です。
流し台の設置
画像は正午を少し前になった状況。いつもながらミリ単位の繊細な作業に感心します。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 主要構造材は天竜ヒノキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

八坂神社祭礼

今週末29日は市街八坂神社の祭礼です。
八坂神社祭礼
ここ八坂の神様はとにかく雨が好きで、例年祭礼当日の日中はカンカン照りでも夕方から雨雲が広がることは当たり前です。地元の心得た人は傘を手にして出掛けます。

今週末の予報は曇のマーク、さて今年は浴衣の裾が濡れるでしょうか。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

初夏の貴重な味覚

思い掛けずにとても貴重な品をいただきました、この季節ならではの「鮎の塩辛」です。
知るところではお隣栃木県内を流れる那珂川の、旧黒羽町や旧小川町に掛かる「簗(やな)」でよく売られていました。一般受けする「塩焼き」の陰に隠れたおとなの味覚です。
鮎うるか
あいかわらず、かなりのしょっぱさです。
毎日食べ続けると間違いなく健康診断で引っ掛かります。

でもウマイ、冷えたビールにどストライクです。いや……、わかっちゃいるんですよ…。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:49| Comment(1) | TrackBack(0) | My 食べログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

玄関前の下地作り

梅雨に逆戻りしたかのように鉛色の空が広がりました。
刺すような日差しはありませんが、まとわりつく湿気が肌に重い一日です。
玄関前の下地
今日は玄関部分を仕上げるための下地作りです。
午後からは降雨の予報に、終始雲の流れを気にしながらの作業でした。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 主要構造材は天竜ヒノキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

抜けたフシを埋める

左官壁の下塗りが一段落しました。
水が抜けるまでの数日間は、待つのも仕事と辛抱です。その間に壁から出る湿気が屋内にこもらないよう、極力すべての窓を全開にして通気に努めます。
抜けたフシを埋める
左官が再開されるまで、大壁用のスギ板に抜けたフシを埋める作業があります。
製品の製材時に「できる限りフシは抜けないように」と依頼はしたものの、加工してみるとやはりどうしても「完全無穴」とはなりません。施工後にフシが抜けて「壁穴」となった箇所を探し当て、それを埋めていくかなり地道な作業です。

画像中央の小さな丸いフシ、周囲のフシと比較して明らかに不自然に見えます。しかしこれも木材にある特性のひとつと理解するしかありません。
それでもこれだけの数量を使ってこの程度、木材業者としては合格点です。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 主要構造材は天竜ヒノキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする