2017年09月30日

さっぱりわからない

早いもので明日から10月です。
各報道によると月末には国政選挙があるそうです。それまでには自分なりに理解しようと必死に新聞を読むのですが、どうしても読めば読むほどわからなくなります。

明日の1,000円に苦しむ貧乏材木屋が、二年先の税制などわかるはずがありません。
数日前に代表が替わって気勢を上げた人たちが、一夜にしてその拳を下ろしました。
ヒガンバナ
政権与党は過去の実績を問われ、野党はそれに替わる目標と指針を示すことが必須です。どの新聞を読んでも前者はもちろんNOで、後者に至っては皆目さっぱりわかりません。

世間の皆様はそれなりに理解されていて、わかっていないのは自分だけか…と不安になります。どこかに懇切丁寧にわかりやすく説明してくれる正義の味方はいませんかね。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:02| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

雨が上がって秋晴れの一日

上棟五日目は高く澄んだ秋晴れの一日でした。今日も大工さんは二人、二階の屋根は軒先を残して野地板(のじいた)の上からブルーシートが張られました。
上棟五日目16時
さて…、この段階になっても防塵シートは張られません。
二階の屋根は昨今一般主流の施工法とは違うのかな…。

それにしてもお彼岸を過ぎて日が短くなりました。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:15| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

朝から終日冷たい雨降り

予報どおりに昨夜から終日冷たい雨になりました。
朝には隣県を中心に大雨注意報が出るなど、激しい雨音で目が覚めました。
上棟四日目16時
さすがにこの雨では仕事にならないと判断されたのか、だれの姿も見えません。二階屋根の一部に野地板(のじいた)が張られていますが、雨水は駆対内部へ間違いなく吹き込んでいます。

よそ様の物件とは言えやはり悲しい職業柄、濡れた合板が気掛かりです…。
この日本では、秋に晴れた日は三日と続かないのですよ、建て主さん。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:19| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

上棟二日目の夕刻は今夜から雨

午後のお茶を済ませた16時過ぎ、今日も大工さんは二人です。
一人は一階壁下地の間柱(まばしら)、もう一人は二階の屋根下地を施工中です。一階の屋根は覆われましたが、まだ二階野地板(のじいた)と防水紙までには至りません。
上棟二日目16時
予報は今夜から明日まで降雨です。一見してすでに二階床下地合板は施工済みです。
足下が固まって仕事がしやすいのは立場上とてもよくわかります。
しかしやはりどうしても、私は屋根が先だと思うのですが…。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:06| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

上棟から一夜明けて

この画像は本日の16時過ぎ。上棟の翌日は大工さんが二人、こちらは現場まで乗用車での通勤です。
一階屋根下地の野地板(のじいた)を施工中で、まだ二階までには至りません。
上棟翌日16時
下の画像は今朝早くに道路際からのぞいた一階床の下地部分です。
予想どおりすでに構造用合板が張られていました。歩行のための養生用でしょうか、申し訳程度にブルーシートが敷き込まれています。
一階床下地合板
現在では至極当然のように行われているこの工程。その第一の理由は現場での施工性を上げるためで、おおかた(ほとんど)の工事関係者は疑うことすらありません。
しかし日頃合板を取り扱う小売業者としては、建築現場に水に濡れた合板を運び入れることなどもってのほかで、間違っても100%あり得ません。

正午の天気予報では明後日に傘マークがありました。その時点で二階の屋根が少なくとも防水紙で覆われていなければ、この合板が雨に濡れないことは予想できません。
現実的に現場監理者や大工さんがよほどシッカリ降雨養生を施すのか、または雨に濡れてタップリと水を含んだ合板をだれがどのようにして乾かすのか…。

合板は建物駆体を屋根や外周を覆って、雨水が掛からないようにしてから使用するべきです。
この下地合板先行の工程はすべて施工者側の都合であって、決して建て主さんの利益にはならないと私は思います。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:30| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

秋空の下で祝上棟

週明け月曜日の本日が上棟です、昨日の日曜日ではありませんでした。そして上の画像が正午の直前、下が16時を少し回った時間です。上棟作業的にはとても早いと思います。

ここでお昼休みになりました。
上棟日正午直前
三時のお茶を済ませてあともう少し。
上棟日16時
ここは注文分譲と聞いて、てっきり日曜日に行うものと思い込んでいました。お昼時にも夕方にも、建て主さん(らしい)と見受ける方の姿はありません。さて……イマドキの注文建築とはそんなもんかと、「上棟」という神事のありがたさも希薄になりました。

使われている構造部材はおおかたの予想どおり、あえて特記するまでもありません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:02| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

仮設足場の設置

予想どおり定石の工程です、仮設足場が架かりました。
終夜降り続いた雨も朝方には上がり、設置は正午前には終わりました。
仮設足場の設置
設置作業には三名、お彼岸の中日だというのにご苦労様です。

さてそうすると明日か週明けにはいよいよ上棟です。
この区画は注文分譲と聞いています、はたして建て主さんは見えるでしょうか。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 14:14| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする