2018年07月09日

木材と材木屋を使わない住宅

週末日曜日の朝、もちろん現場には誰の姿もありません。
まだ工事中の建て売り物件ではありますが、見学者らしき姿もありません。
木材を使わない住宅
ご近所さんから「あそこ売ったんだって」と聞いた土地の造成からちょうど二ヶ月が経ちました。二ヶ月前にここでホウレンソウを作っていたなんて、もはや跡形もわかりません。
もうしばらくするとここにもノボリ旗と万国旗がはためき、案内用の仮設テントと机が設置されます。そのテントの中には風船とティッシュが用意され、連絡先の電話番号が大きく張り出されます。時折販売会社の営業担当者が見回りに立ち寄り、玄関と窓の施錠を確認します。

上棟から一ヶ月間、ついに資材を搬入する同業他社の車両を見ることはありませんでした。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:20| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする