2018年07月16日

二週間で一棟200万円の減額

市内一等地五棟は分譲販売開始からちょうど二週間、まだ売れません。
昨日の現地案内板には定石のとおり、一棟200万円の減額が掲示されています。
二週間で1,000万円の減額
お恥ずかしいことに当節は、立地条件だけでは売れないことがわかりました。地元在住の者から見ると、これほどの環境は他に無いものと思い込んでいたものの、消費者が判断する基準は相当厳しいものと痛感しました。昨今どこにでも見る外観と間取り、やはり価格第一ですかね。

区画の整地以来、この休日も購入希望者と見受ける方が現地を確認される姿は皆無で、スマホか自宅の卓上でモニターに向かい必死で検索、検討している姿が想像できます。
俗な計算ですが、わずか二週間で1,000万円が露と消えました。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 13:55| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする