2018年10月31日

神無月10月の晦日雑感

この数日、日中は日差しがあると過ごしやすいものの、朝夕はすっかり寒くなりました。
神無月10月も晦日、北国からは初霜や初氷、初冠雪などの知らせが届きます。
取手市戸頭公園
月末の晦日と言っても以前のような慌ただしさは微塵も無く、目の前で現金を授受する光景は皆目無くなりました。このところ新聞には「キャッシュレスを推進」との記事が踊ります。しかしこの業界、業者間の支払いは銀行振り込みになりつつも、まだまだキャッシュレスにはほど遠い環境です。
もっとも、業界内で当然のように広く横行する「工事終了後二ヶ月後の月末90日手形支払い」では、一日一刻でも早く現金でと願う業者は弊店だけではありません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

秋晴れの朝に思う我が身の振り方

今朝、久し振りに卓上の固定電話が鳴りました。
秋晴れの朝に思う
# 「おたくにスギの貫(ぬき)ありますか?」。
@ 「はい、うちにあるのは幅90の厚14で、一束10枚です」。
# 「そんなにいらないんだよな…、半分でいいんだけど」。
@ 「ヒノキなら一束6枚ですが…」。
# 「いや、枚数じゃなくて長さが」。

ついに小売業者もここまで来たかと、秋晴れの高い青空を見上げました。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:42| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

早くも物件前で営業中の2,680万円

弊店徒歩10分の三区画分譲地、週末日曜日午前中の早い時間です。
前日までに仮設足場が取り払われて物件の外観が現れました。
仮設足場撤去
これについては特段記載するべき事項は無く、どこにでも見る今どきの外観です。
日曜午前から営業中
物件の前面道路に駐車中の隣県ナンバー軽乗用車が一台、Yシャツ姿の男性が価格表記された案内板を並べ始めました。と同時にひとりの男性が歩み寄り、なにやら物件について尋ねている様子です。どこから見ても購入希望者とは思えず、見た目には近隣町内の住人さんです。
営業担当者が恐怖としている工事中の苦情でしょうか…、まぁこれも営業の一環です。

空いていた東側隣地、東南の角地一区画も他社で工事が始まるようです。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:25| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

今年二回目の立ち会い参加

実に久し振りに取引先製品市場の立ち会いに出掛けました。
振り返るとお恥ずかしいことに弊店、今年に入って二回目の立ち会いの参加でした。
第36回紀州材展01
未明から朝方に掛けて激しい降雨で、今回初めて車の運転を控えて鉄道と路線バスを乗り継いで出向きました。特段に目的とする製品も無いまま、比較的冷静に市況現状の確認ができました。
第36回紀州材展02
相変わらず回を重ねるごとに、来場者数と出展社数(出展量)の減少が目に見えてわかります。国産材製品価格の低迷はもはや恒久的で、原木価格と製材業者の工程経費や生産意欲を思うと、残念なことに今後さらなる出展量の減少もやむを得ない状況でしょう。
第36回紀州材展03
また来場者の内、小売業者の縮小に比例して第二次問屋業者の台頭が謙虚で、立ち会い中の主導権は明らかに変わりました。どれが正解でなにが理想かはそれぞれの胸の内にあるものの、この市場原理の法則は否応なしに受け入れるしかありません。これが時代の流れなのでしょう。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 10:52| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

販売会社が変わって減額100万円

弊店東側は上棟から五ヶ月、販売開始から三ヶ月が経ちました。
分譲二区画で残っていた西側の一棟は昨日、物件から万国旗が外されてノボリ旗が変わりました。
売りあぐんでいるのでしょう、どうやら窓口になる販売会社が変わった模様です。
販売開始から約二ヶ月
減額100万円で2,090万円
早いところ現金に換えなければ、融資先に支払う金利もばかになりません。
画像にもある駐車場内に置かれた案内板には、当然のように販売価格が100万円減額されています。問い合わせ先の欄には「早朝や深夜でも対応!!」と大きく書かれ、さらに「中国語と韓国語にも対応」ともあります。建て売り物件も国際化とコンビニエンス化が進みました。

よそ様の物件とは言え携わった協力業者たちは、請求どおりの金額を支払ってもらえたのかな…。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:08| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

外構工事と植栽付で2,680万円

弊店徒歩10分は屋外配管と外構工事が始まりました。
現場周辺の道路には残土処理運搬のトラックが数台待機中です。
外構工事開始
画像下部の敷地境界に置かれているのが販売価格の掲示です。こちらは初値公開より据え置かれたままの2,680万円(税込)です。その注釈には「外構、植栽付」とあります。
個人的にはそれでも周辺価格と比較して多少割高のような気がします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:55| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

定期勉強会の再開を検討します

この度守谷市商工会さんのご厚意により、当該商工会館休館日に当たる週末の休日に、会館二階の研修室を借用できるようになりました。これにより長らく休会していた弊会定期勉強会「よくわかる木造住宅勉強会」を、再開に向けて関係各位と検討することにしました。
今後関係各位との協議がまとまれば、早急に勉強会参加者の募集に努めます。
守谷市商工会館
この木材業界を取り巻く環境は、相変わらず恒久的とも言える国産木材相場の長期低迷に加えて、今年に入ってからは同業他社の廃業や製品市場の閉鎖等の知らせが相次ぎ、以前より増して相当厳しくなっていると認識しています。またさらに、長期間に渡り勉強会開催に適した会場を探し当てることができない中で、これが最後の機会と覚悟して取り組んでみたいと思います。
勉強会再開の際には、より多くの消費者の皆様のご参加をお待ちしています。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:28| Comment(1) | 定期勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする