2018年10月11日

町内会に見た当節の住宅事情

数日前に弊店町内会でお弔いがありました。
ご近所でもあり、ご自宅からの出棺をお見送りました。当地域では「見えなくなる角まで送る」という意味から「角送り(かどおくり)」と呼ばれます。
乙子の道祖神
こちらのご家族は数年前に都内から移られてご自宅はまだ新しく、当節主流になった外観と仕様の一戸建て住宅です。亡くなられたのは御当家の細君で、まだ道半ばの50代後半と聞きました。
ご近所の方々が三々五々玄関先に集まり、やがて出棺の時間になりました。私は当然ご自宅玄関からの見送りと思っていましたが、意に反してそうではありませんでした。

その日の夜、家人に「自分の最期はこの家の玄関から出たい」と伝えました。
合掌

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする