2019年01月09日

竣工後六年を経たスギ赤板製外壁材

昨日掲載しました井戸の確認後に「さて帰ろう」として、
「いや、待てよ…、そういえば…」と建物の外周を見渡して。

こちらの物件は竣工後約六年が経過して、下の画像はその建物南西角面の外壁です。多少判断しにくいところはご容赦いただくとして、画像下からコンクリートの基礎に板金製の土台水切り、そして外壁材として厚21mmのスギ赤板です。建て主さんのご要望により塗装は一切施してありません。
六年を経たスギ赤板製外壁材
昨年末より乾燥した好天が続き、ここ最近の湿度は連日20%まで下がっています。終日直射日光と夕刻からの厳しい西日が当たる南西面で、ご覧のように板の表面に多少の変色と薄い割れが見られるものの、お陰様でスギ板を加工した継ぎ目に隙間はありませんでした。

このスギ板は、加工前に厚24mmの板を約一年間に渡り自然乾燥させ、乾燥後に収縮してフシが抜けた板を除いた高樹齢紀州材の自信作です。六年の時間を経てようやく証明できました。
稲生さんと大工さん、そして加工した尾沢さん、我々の判断に誤りはありませんでした。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:42| Comment(1) | 菖と蓮が住まう家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする