2019年06月29日

三代80年の後始末

現在の所在は栃木県大田原市須賀川巻ヶ沢。
個人的には「黒羽町須賀川」と呼んだ方がしっくりします。
巻ヶ沢橋
この巻ヶ沢橋(まきがさわばし)を渡った奥の山中に、祖父の代から譲り受けた山林があります。スギとヒノキが植えられてあり、その樹齢はどちらも約80年を越えています。

亡父が健在でしたので20年前にはならないと思います。当時の黒羽町森林組合(現在の大田原市森林組合)に依頼して間伐をしました。その間伐したスギとヒノキは地元須賀川の製材所に出材して、父はその当時約40万円弱の金額を受領したと記憶しています。送られたその明細書を見ながら「これでもうしばらくはだいじょうぶだろう」とつぶやいたのを覚えています。
巻ヶ沢橋02
そして令和になって最初の六月。大田原市森林組合の見越広美さんに案内されて、久し振りにその所有林に足を踏み入れました。巻ヶ沢橋を渡ってからしばらくすると雑木や雑草が身長を超えるほど生い茂り、四輪駆動の車両でしか上ることができない急坂の林道です。現場に着くと20年前と同じように冷たく澄んだ沢の水が流れ、吹く風に木々が擦れる音しか聞こえない静寂に包まれます。

私には後継者がいませんので、いずれこの山林を手放す時が訪れます。
先代から無償で譲り受け継いだ山林ではありますが、目の前に立つ樹齢80年生のスギとヒノキを見上げ、その木々を育ててきた祖父と亡父の想い入れを知る者として、現在の国産木材相場はあまりにも切なく、情けなく、諦めしか感じません。さらに現在の林野行政の政策として、この立木を燃料として扱うことには憤りすら覚えます。祖父も亡父もいつかは用材として世に出す時を夢に見て、このような結末を期待して今日ここまでこの山林を管理し育て続けたわけではありません。
ヒノキ
木造(とは名ばかりですが)住宅建築に使われるほとんどの木質部材が集成材と合板に依存され、それが最早当たり前のようになってしまった現在。住宅建築の現場に携わる一員として、この先に国産木材相場が回復上昇することは、実に残念ではありますが到底期待できそうにありません。
これも時代の流れ…と片づけるのは、三代80年にも及ぶ時間はあまりにも長すぎます。

六十路を目前にした一介の木材商として、当初本来の目的である建築用材として一本でも二本でも、その価値を理解していただける心ある建て主さんの元に使われることを切望しています。

このサイトをご覧の茨城県南地域で、木造建築で新築や増改築を検討されている皆様。
ご希望であればこの巻ヶ沢の山林も、その立木伐倒の作業現場にもご案内します。
そして近い将来に燃料として扱われその姿を消されるくらいであれば、可能な限り建て主さんのご要望に添えるように建築用材として姿を変えるべく些細なご相談にも応じます。

自宅近隣の住宅展示場を車で回るだけが家造りの手段ではありません。
最初から「そんなことは絶対に無理」と決めつけないで、ぜひ一度お問い合わせください。

読みにくい雑文を、最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 11:26| Comment(2) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

JR水郡線上小川駅

川井商店さんの最寄り駅、JR水郡線の上小川駅です。
二階に上小川地域の集会施設を兼ねた駅舎です。
JR水郡線上小川駅舎
過去2007年に開催された弊会第三回県内森林見学会では、こちらを昼食会と意見交換会に利用させていただきました。時刻は13時を少し回った頃で、次の入線は上下線とも約二時間後でした。
JR水郡線上小川駅
以前ここは無人駅だった…と記憶していましたが、改札窓口に女性の係員さんが座っていました。

上り線ホームから水戸方面を望みます。
上り線ホームから水戸方面
駅前広場のすぐ脇に木製の枕木が積まれてありました。
駅前広場脇の木製枕木
川井商店さんに長年勤務されるベテラン美人事務員さんによると、
「私がこちらにお世話になったばかりのころは、この上小川駅から製材したばかりの製品を水戸行きの貨車に積み込んだものです。そりゃあ私もやりましたよ、若かったものぉ。
毎日駅前には朝から材木を積んだ馬車や荷車がいっぱいで、いつもたくさんの人で賑わっていました。先代の社長は夕方まで駅と工場の往復でしたよ。イヤ…、今では考えられませんけどね」。


そう、とても考えられません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 08:43| Comment(1) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

八溝杉(やみぞすぎ)製材工場、大子町頃藤の川井商店さん

振り返ると干支も一回り、実に12年振りの訪問です。
有限会社 川井商店
この梅雨時らしく、時季的に杉丸太の在庫量が少ないのがわかりました。
八溝杉原木
製材前の杉原木
杉原木を製材中
製材された製品
過去2007年に行われた弊会第三回 県内森林見学会では、一方ならぬご協力をいただきました。

川井さんもついに六十路を越えたそうで、さていつまで製品を供給できるのか。
とかく廃業ばかりが聞こえる県北地区で、数少ない製材工場になりました。

久慈郡大子町頃藤4950 TEL:0295-74-0655

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 13:43| Comment(1) | 樹の仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

朝から雨降りの一日に

この季節らしい鉛色の低い雲が広がって、終日雨降りの肌寒い一日でした。
ただでさえ静かな弊店は、時折激しく降る雨音がよけいに大きく聞こえます。
雨降りの一日
訪ね来る人は町内会の連絡が一件、卓上の電話は霊園墓地の勧誘が一件鳴りました。
夜半にはこの雨も上がるという予報も、見上げる雲にはその様子はありません。

明日は訳あっておよそ12年振り、亡父の故郷に足を運ぶことになりました。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

今日は夏至で今季初

朝からこの季節らしい低い雲が広がって、ここ下総でも急なにわか雨に襲われました。
冷やし中華はじめました
一雨去ってからはよけいに蒸し暑く、まとわりつく湿気に気が滅入ります。
それに背中を押されたらしく、珍しく夕餉の膳に家人と意見が合いました。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 19:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

四年三ヶ月耐え忍んだその結果

弊店徒歩05分で住居表示は隣市の、旧住宅都市整備公団が開発した分譲地です。
ノボリ旗が立って後、「この土地も売れないなぁ…」と見つめ続けて四年と数ヶ月。
二区画に分筆
久し振りに前を通ると、今どきの建て売り物件が二棟建築中でした。
ローコスト物件二棟建築中
すでに外壁工事が施工中で最早屋内を垣間見ることはできません。
外壁施工業者の通勤用と思われる軽自動車は川向こうの隣県ナンバー、隣地のハイエースも同様です。申し訳程度に出た軒先に、今どき流行柄の窯業系サイディング。そして二台分の駐車スペース。

どこをどう見ても昨今主流のローコスト物件です。
やっぱりここも建て売りか…と、昨今だれもが使う住宅建築の方程式にうんざりします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:45| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

もの言わぬアジサイに囲まれて

この数日の弊店町内は、どこを歩いてもアジサイの花に囲まれます。
アジサイ2019
それにしても静かな町内で、工事中や営業中の人を見掛けることはありません。
かく言う弊店内も同様で、お昼前に中古車買い取りの電話が一本だけでした。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする