2019年08月31日

50年で遠く離れた50m

この整地された土地は弊店から西へ徒歩で50m、同じ町内会で同じ班内に属します。

半月前までこちらには、築50年を確実に超えた平屋建ての住宅が建っていました。
昨年の暮れにご主人が難病を煩い他界され、それ以来家主不在の空き家になっていました。
その50年前当時、ここのご近所数件で班を構成しようと発案したのはこちらの先代でした。
ひょっとすると二棟分
先月末だったでしょうか、隣県の解体業者から解体工事開始の案内がポストに投函されました。
同様に向こう三軒両隣の家は、この時に家屋の解体を初めて知りました。
そしてつい数日前、この見飽きたノボリ旗が立ちました。

数ヶ月後にはまたここにも、今どきのコジャレタ建築が始まるのでしょう。
一見した敷地の広さを考えると、ひょっとすると二棟分かもしれません。

もっともご主人が他界されたのも、今年になってから知らされました。
昭和の材木屋は今のご時世こんなものかと、うつむいてため息しか出ません。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 09:34| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

ヒノキの板に見る夢と妄想

さらにさらにこのヒノキには驚かされます。
私もこの職に就いて長くなりますが、これは初めての経験です。

この画像、すでに連日掲載しましたヒノキの元玉部分の板。その赤丸を付けた箇所から、
赤丸の場所から
下の画像、色と質感から鉛と見える玉が埋め込まれていました。
このヒノキの樹齢から想像するに、おそらく過去に打ち込まれた鉄砲の玉ではないかと思います。
鉛の玉
もちろんライフリングの施条痕は見ることができません。
いつの時代か…。そう、徳川幕末の混乱期に。
それ以前の動乱期では、このヒノキの樹齢的にちょっと無理があるか…。

だれが…、尊皇攘夷を唱える勤王の志士…。もしくはデューク東郷…。
とすると、このヒノキはその現場を見ていたことになる…。

いや…、単に狩猟のために、シカやイノシシを狙って外した玉か…。
とすると庶民では無く、武家や大名のお遊びの果てか…。

いずれにせよ鉛玉が入っていた事実、それを長い時間を経て現代に見つけた偶然。
ちなみにこの鉛玉はヒノキの価格に含まれていません、念のため。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 10:11| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

なにができるのでしょう

なるほど、そりゃ興味がわきますよね。

実は一昨日27日に掲載しましたこのヒノキの板と、
申し訳ありません
今月09日に掲載しましたこのヒノキは、
樹齢300年生天然ヒノキ01
樹齢300年生天然ヒノキ03
どちらも同じ一本の原木から製材された板で、これを友木(ともぎ)と呼びます。
上記が丸太の元玉(根元に近いところ)にあたり、下記がその上部になります。

現在この板の所有者さんは、その上部の板をカウンター板として使用されており、今回運び込まれた元玉の板でそのカウンター用板の脚部を造るため加工することになりました。
樹齢300年生天然ヒノキ05
この日は元玉を前にして私と建具屋さんの二人、アーでもない、コーでもないと約一時間半。
そこで元玉二枚から、机用と座卓用の二種類の脚部が取れることがわかりました。

その協議中、大手建材卸売業の営業担当者さんが合板性のドア枠数本を配達に訪れました。
おそらく心の中で「このオヤジ、暑い中をなにやってんだ…」と思ったでしょう。

> なにができるのでしょう

もちろん仕上がりましたら掲載させていただきます。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 13:53| Comment(0) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

いつも申し訳ありません

この夏二度目になる建具屋さんへの依頼です。
いつも彼には無理難題をお願いしまして申し訳なく感じています。
申し訳ありません
今回持参して足下に置かれた板はヒノキの元玉(根元に近いところ)。
「その内に良いことがありますよ」と笑いますが、いつまで経っても唸らせる依頼ばかりです。
申し訳ありません02
例によって差し金を手にして「さて…、どうしましょうか…」。ホント、申し訳無い。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:00| Comment(4) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

こんなに暑くなるとは思わなかった

この夏三件目のエアコン設置依頼です。
もう少し早めに依頼いただければ、あの梅雨明けの猛暑を克服できたと思います。
和室八畳にAC設置
その点を伝えると返答は決まって「こんなに暑くなるとは思わなかった」。

真壁への室内機設置は気を使います。最近発売される多機能機種を選択されると、四寸(12.0cm)柱ではわずかに三尺(半間:柱の芯々で910cm)の壁に入らないようです。
きっと白物家電屋さんも、もう真壁建築は端から念頭に無いのでしょう。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 14:33| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

昔取った杵柄で

実に久し振りに自宅改装の相談を受けました。
構造部材「土台」について
お話を伺っていく内に、以前にも似たような内容の相談が遠い記憶に蘇りました。
立場の違いこそあれ「この人もあの人と同じ悩みを抱えている」と気づきました。

微力ながら、私の助言が少しでも参考になればいいのですが…。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:27| Comment(1) | 定期勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

五年に一日の終日缶詰

五年に一度の法定講習会、本日の出席者は136名。
取引士法定講習会
これで講習料が16,500円、三時のお茶くらい出ないものか。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする