2019年08月09日

このヒノキは格が違う

久し振りに建具屋さんの作業場です。いつもであれば彼の建具職としての技量をお伝えしようと努めるところ、今回の主役は間違い無く彼が加工している天然ヒノキです。
樹齢300年生天然ヒノキ01
樹齢約300年生の天然ヒノキ、こちらの作業場に預けて約五年を経ての加工です。
樹齢300年生天然ヒノキ02
その五年間に予測できる木材特有の割れと反りは皆無で、厚さを揃えると作業台にする合板にピタリと吸い付きます。切断する際に出る細かい粉塵は気中に舞い上がらず、それを手にしてみるとヒノキの油性をたっぷり含んでいるため、ノコギリの歯と製品の切断面にまとわりつきます。
加工中の香りは言うに及ばず、手のひらに着いた油性からでもじゅうぶんに漂います。

ちなみにこちらが赤の木裏(きうら)面、玄人好みは木表(きおもて)よりもこちらかな。
樹齢300年生天然ヒノキ木裏
ご覧の画像とモニターから、その価値と特性を十分にお伝えできないのがとても残念です。
樹齢300年生天然ヒノキ03
一介の木材商として、木材の価値は樹齢にあることを改めて痛感した一日でした。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:33| Comment(2) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする