2019年10月30日

中学生から「きったねぇ」と呼ばれた町内会_その壱

私事で恐縮ですが、この記事は木材でも建築の話題でもありません。
この一ヶ月余の日常であまりにも目に余る地域の話題について。

弊宅から西へ約50mのところに、所在する町内会のゴミ集積所があります。現在その周囲にはアパートが三棟建ち、前面の道路は市立中学校の通学路になっています。集積所の西先の道路は通学路のため道幅が狭くなっていて、自転車の他に一般車両が通り抜けることはできません。
私は毎朝この集積所の角を曲がって仕事に向かいます。
町内会ゴミ集積所
市の指導により各家庭から排出される「家庭ゴミ」は、市から指定された曜日の朝に排出することになっています。それは「可燃ゴミ(赤い袋)」が火曜日と金曜日、そして「不燃ゴミ(青い袋)」が月曜日というように。その他ガラスビンや空き缶、ペットボトル、プラスチック類など、細かく分別して排出する決まりです。各々袋の色が黄色や緑色など異なり一見して判別できます。

とまぁ、ここまではどこの地方行政でもよくあるゴミの分別対策です。

さてこの集積所は雑木林が近いこともあり、かなり以前からカラスの標的になっています。
特に「可燃ゴミ(赤い袋)」は彼ら(彼女ら)にとって格好の標的で、そのくちばしで袋を破り内容物を集積所の前に散乱させます。下の画像は多少古いものですが、まだアパートが建つ前のカラスに襲われた集積所です。もちろんこの後清掃するのはカラスではありません。
カラスの襲撃を受けた集積所
古今東西それはカラスも懸命で、ご多分に漏れずいつになっても地域住民との知恵比べが続きます。しかしそのカラス対策以前に、この集積所を利用する町内会住民の中に、指定された曜日の数日前から排出する家庭が多くあります。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:11| Comment(1) | 愛宕町内会の集積所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

世にも悲しく残酷な物語

実に久し振りに「全方向から見える管柱が二本必要」と依頼がありました。
さてこの前ははたしていつあったのか…、まったく記憶にありません。
杉100年生管柱四方無節
幸いにも弊店倉庫の奥深くに「いつかは世に出るだろう」と、静かに眠らせてあったスギの管柱がありました。これもどこで、だれから、そしていくらで声を出したかは覚えています。しかしそれがいつだったのか…、この記憶はかなり薄くて確かなものではありません。
それでもお陰様で製品に割れも、曲がりも、もちろんカビもありません。
あとは大工さんがカンナを掛けた後の仕上がりを確認するだけです。

表面についた細かいホコリをていねいに取り払い、「さてこれは今いくらなのか…」と考えました。
ありがたいことに先週末、この管柱の製作担当責任者さんとお目にかかりました。その場で早々彼にこの質問を投げると、彼の口から出た言葉は「そうやなぁ、今は需要も無いしなぁ…」と遠くに目をやり、続いて出た数字は私が過去に声を出した金額を下回りました。

なんと悲しく残酷なことでしょう。
これが現政権が声高に唱えるナントカノミクスなのでしょうか。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 10:37| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

JR常磐線我孫子駅一番線ホームで

弊宅から直線的な距離感はとても近いのですが、あいにくと乗降や乗り換えなどに利用した機会はそう多くはありません。この二番線ホームは現在成田線の下り線我孫子始発ホームで、先週末成田駅に向かった際に降り立ちました。週末土曜日の08時30分過ぎ、閑散としたホームでした。
JR常磐線我孫子駅一番線ホーム
噂には聞いていたものの、こうして掲示版を読み返すと改めて「へぇー」とうなります。
こちらの駅ソバはまだいつでも食せるとして、この包装紙を使った往年の弥生軒製駅弁はどこかで販売されていないのかと。これも過去に幾度か試みがあったようで、やはり他人任せではいけません。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:49| Comment(0) | My 食べログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

雨上がりの秋風に誘われて

実に久し振りに木材製品市場の立ち会いに出向きました。
第37回大紀州材展
今後の我が身を深く考えさせられる、とても長い一日でした。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:58| Comment(2) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

この雨も今日で良かったと理解して

ここ下総の貧しい木材商が聞こえる雨足は、朝から相変わらず打ち付けるような勢いです。

明日26日は千葉県内の取引先木材市場で、一年に一日の大きな催事が予定されています。
この日のために全国各地の取引先と併せて数ヶ月を要して準備され、おそらく今日は早朝から全社員総出で明日の準備作業に追われていることでしょう。
第36回紀州材展03
あいにくとこの時間付近の降水量図は一帯が赤色で、屋外での作業はかなり難儀されていると感じます。しかしこれも明日で無く今日が幸いと理解して、事故や間違いが無いように祈ります。

製品が濡れると手元が滑りやすく、些細なことでも思わぬけがや事故に繋がります。
予報では明日は朝からお日様が出ています、くれぐれも作業中は注意されますように。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 11:11| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

今日一番強く思ったこと

早くカキフライが食べたい。
野庵のカキフライ

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:48| Comment(1) | My 食べログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

この香りは30年を超えてもあの当時のまま

弊店倉庫の最深部に、長く静かに眠っていた天然青森ヒバです。
今は無き某木材製品市場の立ち会いで声を出しました。
天然青森ヒバ厚板
それがどこで、だれから、そしていくらを出したかは覚えています。
しかし、それがいつだったかは定かではありません。遠く薄い記憶にあるのは、たしか平成の世の以前だったと思います。当時の価格はその独特の特性から、一般に流通されるヒノキよりも遙かに安価で、アスナロと呼ばれる名のとおりでした。その後出材が規制され、製品に大きく書かれてある津軽半島金木の製材所はすでに操業を終え、立ち会いが開かれた木材製品市場も閉場されました。

製品の濡れているように見える部分的は、製品からにじみでたヤニ(樹の油性)です。その当時、現在のように人工乾燥機などは一般に普及しておらず、製品に割れが入らないよう、曲がらないよう、そしてカビないよう、それはそれは静かに、優しく、穏やかに乾かしました。
当然製品からは純粋に水分だけが蒸発するだけで、今こうして動かしただけでもヒバ独特の香りが漂い、触る手や衣服にその香りが移り残ります。
そして大工さんが一度カンナを掛けると、瞬く間にその香りがいっぱいに広がります。

五十路も半ばを過ぎて後継者もいない弊店です。
割れも曲がりもありません、もう目をつぶって嫁に出してもいいでしょう。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:41| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする