2020年02月29日

二月晦日はサクラの木の下で

目に見えない相手の喧噪は、弊宅前を通る子供たちの日常までに及びました。
これほどまでの騒ぎになると、間違い無く不景気になることが見えてきます。
けやき台公園
早いもので明日は弥生三月、この騒ぎが収まる頃に「サクラ咲く」かと。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:58| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

同じ呼ばれるにしても

昨年末に「コーンフレーク、コーンフレーク」と連呼して、一役脚光を浴びた漫才コンビがいた。
年が明けて早々に、あのケロッグ社の社長と笑顔で握手する二人の姿が報道された。
ウメ2018
いつに無い暖冬で、弥生三月を目の前にした月末。それ以上に朝から深夜まで一日中、どこにいても「コロナ、コロナ」と連呼して、あの給湯機器会社の社長はどう感じているだろう。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

梅はほころぶ

昨秋から病に伏しているご婦人を見舞いました。
ほころぶウメ
「今日は雨がちらつきます」と言うと「ここにいるとよくわからないの」と笑われました。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

販売開始から一ヶ月で300万円

市内住宅地の建て売り物件三棟は、一月末の販売開始から一ヶ月が経ちました。
販売開始早々「大幅値下げ」
その間に「ご成約済」の四文字は見当たらず、価格が全棟一律300万円値下がりしました。
300万円値下げ
この日は営業担当者と見受ける若い男性が二名、営業車の中で待機していました。
しげしげと案内板を眺めている私を見つけると、すかさず笑顔で「こんにちは」と声を掛けられました。そして「よろしければ中をご案内します」と誘います。「あっ…、いや…、けっこうです」と断ると、「ではチラシだけでもお持ちください」とこれまた笑顔。
内覧会実施中
ハデな活字が踊るA4版を見て「これはとてもオレにはできない」と思い立ち去りました。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:52| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

友引の振替休日は

雲も無く、風も無く、歩く人の姿も少なく、車の通りも少なく。
鬼怒川滝下橋付近
電話も鳴らず、訪ね来る人も無く、穏やかな一日でした。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

ヒノキが泣いている_その価値と需要

久し振りにとても珍しい製品を見掛けました。以前よりそう多く流通している製品ではありませんが、木材需要最盛期であればその価値と特性から貴重品とまで扱われた製品です。
ヒノキの小角
これはヒノキの樹芯を持って製材した通称「ヒノキの小角(こがく)」と呼ばれます。長さが4.00mの樹芯があるヒノキを寸法4.5cm角に製材して、画像の製品は完全に自然乾燥されていました。見ると全量その長さに曲がりも反りも無く、若年性の間伐材でないことがわかります。
一階床下地材の施工
以前であれば床下地材の根太(ねだ)に使われました。木材業者としてヒノキの樹芯は強くて硬い、根太用材としてこれ以上の製品はありません。これを大工さんが機械で削って厚さをそろえて根太に使い、その上に乾いたスギやマツの床下地板を張れば文句無しの床下地でした。
たたみ搬入
この時古参の小売業者が見つめる中、唱えられた価格は私の記憶にある数字の1/3でした。それでも声を出す小売屋は皆無で、最後はその価格からほんの微増で落札されました。
その後しばらくして聞こえてくる声は「今は根太を使わないし…」「大工は削らないし…」。

確かにそのとおりです。しかしそれらは造り手側の都合によるもので、住まい手側から要求されたものではありません。さらに間違い無く、住む人の利益には一切なりません。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 13:54| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

ヒノキが泣いている_その薬の効能

画像左側二列に積まれた深い緑色に見える梱包は、静岡県産のヒノキ土台用角です。
ヒノキ防腐防蟻薬剤注入土台角01
遠州静岡県から製品市場に入荷されたヒノキ材を、市場近郊にある防腐防蟻薬剤注入工場に運び込み、処理後に防腐薬剤注入土台(俗称は注入土台)として市場に流通されます。市場担当者に聞くと「ヒノキに防腐薬剤を注入すると、価格は高くなっても売れる」と言います。
ヒノキ防腐防蟻薬剤注入土台角02
私は以前に薬剤業者から、この防腐薬剤の効能期間はおよそ五年間と聞いています。
もちろんこの「五年間」は薬剤処理後からです。私は木材業者になって三十有余年、この注入土台を使った住宅で、五年後に再度防腐薬剤を注入、もしくは再度塗布、または新しい注入土台に交換したといった事例を聞いたことはありません。おそらく広く多くの建て主さんは、一度防腐剤を注入した木材は、その効能が未来永劫に渡って持続すると思ってはいないでしょうか。

建築会社の現場説明会で、営業担当者から「弊社が使っている土台は薬剤を注入しているから、普通のヒノキより腐りにくくてじょうぶです」などと説明を受けているのでしょう。

バファリンもコンタックもロキソニンも、その薬の効能はいつか必ず切れます。
違いますか?

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:39| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする