2020年04月03日

これは騒がれても無理は無い

まぁ、これを作る人もいれば、運んで届けてくれる人もいるわけで。
その人たちの仕事を考えると、とやかく言える立場では無いにしても。

だれの発想で、どこの会議を経て、なぜ二枚なのか…。
つくし
おそらく…、あの女房にでも相談したか。
「なぁ、今もらうとしたらなにが欲しい?」。
「そりゃあマスクでしょ、私とあなたの分も」。
「そうか、じゃぁ二枚にするか」。

こう考えると整合性がある。あの女房の発想ならわからないでも無い。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする