2020年09月01日

ヒノキ製構造用梁材「取り扱いに注意してください」

月めくりのカレンダーも残りあと四枚、長月九月になりました。
ここ下総は月替わりと同時に空気が入れ替わり、朝方には北東の風が吹き込みました。

その涼しさに手招きされて、残りの構造材である梁材を引き取りに製品市場に出向きました。
桧製構造用梁材01
帰宅後、上段の幅の狭い数本を降ろしたところで西の空が暗くなり、弱い雨が降り出しました。
せっかくの乾燥良材、ここで濡らしたくはありません。注目の30cm幅は明日にしましょう。
桧製構造用梁材02
長年この仕事に就いていますが、製品添付の注意書きは初めてです。
取り扱いに注意してください
さてだれの筆跡でしょう、稲生商店社長直筆であれば弊店神棚に供えます。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:07| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする