2020年11月20日

上棟に向けての準備_発泡系の断熱材

昨日ほどでは無いまでもこの時季にしては気温が高く、強い南風が吹き荒れた一日でした。

本日20日、お昼休みの弊宅西側徒歩10分です。
だれの姿もありません、カットされた発泡系の断熱材が運び込まれてありました。
発泡系の断熱材
これは浴室と洗面脱衣室用の基礎断熱材と見受けます。
まぁ、個人的にはあまり効果的な工法とは思えません。

布基礎の型枠が外されて四日が経過し、まだ仮設足場は架かりません。
世間様は明日から三連休で、上棟は連休明けになるのでしょう。行政からは「我慢の三連休」と呼ばれるそうで、その言葉に合わせたのかのようにも思えます。それにしてもいつも思いますが、こうして数日間露天の現場に置き去りにされて、よく盗難やいたずらに遭わないものだと感心します。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:42| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする