2020年11月25日

青い養生シートに一晩降り続いた雨水は

天気予報のとおり昨夜半から降り出した雨は、本日午後になっても止みそうにありません。雨音を立てた激しい降りではないものの、朝方のアスファルト道路面には深い水たまりができました。

本日25日正午の弊宅西側徒歩10分です。
こちらの現場も同様で、一階床面に敷かれたブルーシートには水たまりができました。
東西で一分の傾きも無い水平面ですから、雨水がはける道理はありません。さらに画像左下の玄関脇と思える箇所はシートがめくれ、下地合板が濡れているのがわかります。
養生シートに溜まった雨水01
布基礎外周の天端(てんば:最上部)も濡れているのがはっきりわかります。
土台下の基礎パッキンも同様で、ここから基礎内部に水が入ったと考えるのが自然です。
養生シートに溜まった雨水02
こちらの物件は発泡系の床下断熱材が全面に敷き込まれました。納品業者が少しでも濡らして運び入れると大騒ぎする製品を、さてこちらの建築会社ではどのような方法で乾かすのか…。

古今東西「屋根が無ければ雨に濡れる」のは自然の道理です。
何千万円という金額を受け取る側も、またそれも支払う側も「早く、安く、きれいに」仕上げることばかりに目を奪われ、小学生でもわかる自然の道理を無視した結果がこの工法です。

数日後には間違いなく、なにごとも無かったかのように上棟工事が行われます。当日この現場で作業をするだれもが、雨に濡れた合板や床下に敷き込まれた断熱材のことなどは微塵も気に掛けません。
好天と雨天の別は神のみの采配です。遠目には全面を青くきれいに養生したかのように見える建築現場は、昭和の貧しい木材商の目には見掛ける度に「あーぁ、気の毒だなぁ…」と映ります。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 14:49| Comment(3) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする