2020年12月03日

上棟後四日目は二階ベランダの施工中

お昼前後には日差しが出るとの予報でしたが、終日厚い雲に覆われた一日でした。
そのためか昨日と同様にとても寒く、これからの上着にはダウンの必要を感じます。

本日03日、お昼休み明け直後の弊宅西側徒歩10分です。
昨日と同様作業する大工さんは二名、新たな資材搬入は見当たりません。
二階ベランダの施工中
物件の各所に筋違いと間柱(まばしら)が入りました。二階では跳ね出しベランダの施工が行われています。筋違いは人工乾燥のベイツガで間柱はスギ、施工中の二階ベランダの束にかろうじてあのヒノキが使われています。まぁ「総ヒノキ」と呼ぶにはほど遠い選択ではあるものの、百歩譲って総集成材や総LVLの物件からすれば、木材業者の立場からは良心的と言えるのかもしれません。

ご覧のように敷地内には大工さんの仕事中であるにも関わらず、木材の端材やノコギリから出るおがくずなどは見当たらず、もちろんカンナくずなど出るはずがありません。
昭和の貧しい木材商の目には、ここが働き盛りの大工さん男二人が働く現場か…と奇妙に見えてなりませんが、現在の世間様には「きれいな現場」としか映らないのでしょう。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:04| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする