2020年12月22日

北側隣地で基礎工事開始

本日正午過ぎの弊宅西側徒歩10分です。
今日はいつもの若い大工さんのワンボックス車がありません。
屋根工事中
物件南側のトラックは画像には見えない瓦屋さんです。上棟後三週間で屋根工事は、この会社にしてはいささかのんびりかとも見えまして…。まぁこれも歳末で瓦屋さんも追われていると考えましょう。

産廃コンテナの中と物件の屋外に、石膏ボードの端材がかなり積み出されています。外壁工事や板金工事はまだ始まる様子が見えませんが、屋内の大工工事は早くも終盤に入りました。

そうこうしている内に物件北側隣地で基礎工事が始まりました。
ご覧のようにまだ「ご成約済」の立て看板は外されません。
北側隣地で基礎工事開始
奇しくも今日は冬至の翌日です、南側物件の陰がかなり伸びて建物に入り込んでいます。
師走も20日を過ぎてここ下総もかなり冷え込み、朝方の気温は氷点下にまで下がりました。

当節の工事はこの時季のコンクリートの打設に疑問を持ちません。
不凍液と凝固剤に依存する工事でいいのか…と、高い冬空を見ていつも思います。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:00| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする