2020年12月29日

北側物件で基礎ベースのコンクリート打設

そりゃそうだよ、この会社がそんなに早く上がるわけが無い。

本日14時少し過ぎの弊宅西側徒歩10分です。
若い大工さんがひとり出勤していました。引き続き屋内で石膏ボードの施工中のようです。
石膏ボードの施工中
下の画像、青い梱包と仮設足場の間に見えるのが石膏ボードの端材です。
この他に産廃コンテナの脇にもうずたかく積まれています。
石膏ボードの端材
おわかりのようにその産廃コンテナはすでに満杯で、もう入りきらないと判断されたのか。
屋内全室の天井と内壁に使われるのですから、その量と重さたるや相当なものです。

ちなみにこの石膏ボード、製品の販売価格と比較して廃材処理費用が高額になります。
昨日で上棟後五週目に入りました、大工工事が多少長引いているように感じます。

一方で北側の物件では、基礎ベースのコンクリートが打設されました。
基礎ベースのコンクリート打設
今年も残りあと二日です。明日に布基礎立ち上がりの型枠を組むとしても、そのコンクリート打設は年明けになるのでしょう。予報では明日の夕方から数年来の最強寒波が到来するようで、その意味では時間が味方してくれたのかもしれません。…と、一般的には予想するのですが……。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:13| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする