2021年02月06日

天気に誘われたのか工事再開

この記事が見えたか聞こえたのか、今朝08時から打設が行われました。
朝の予報で日中は三月下旬の気温だそうで、この数日は凍結の心配は無いようです。
基礎ベースの打設
基礎屋さんは県南ナンバーのトラックでしたが、コンクリートミキサー車には隣県千葉所在の社名が入っていました。全員が引き上げたのは正午少し前、画像は打ち立てのコンクリートです。

一方で弊宅西側徒歩10分の北側物件では大工さんがひとり。
屋根の下地は終わったようで、一階の筋違(すじかい)を入れていました。大工さんの通勤車と思えるワンボックス車は北側玄関の前に、南側物件に来ていた若い大工さんとは違います。
筋違の施工中
今日で上棟から二週間、防塵シートは東面だけが張られています。この会社の物件にしてはやけにのんびりとした工程です。こちらは西側道路境界に沿った物件で、今日の乾いた空気のためかあの合板特有の異臭が鼻を付きました。もちろんヒノキの香りなど微塵も感じません。大工さんが手にしていた筋違はベイマツのように見えました。ベイマツが輸出されない今後はなにが使われるのでしょう。

観察者のひとりとして、このまま防塵シートで覆われないことを希望しています。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:25| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする