2021年02月09日

久し振りに見た寒中の基礎工事

いやぁ、これは実に珍しい。

今朝方にロータリー車とポンプ車が並んでいましたから、布基礎部分のコンクリート打設だとわかりました。画像は全員が立ち去った後の正午過ぎです。この会社の物件にしては珍しく、打設後の全面養生が施されていました。寒中に限らず暑中でも、気候を考えた然るべき工法でしょう。
コンクリート打設後の養生
立春から一週間が経過したとはいえ、ここ下総でも今朝はかなり冷え込みました。
これはとても建築会社の指示とは思えません。知識ある建て主さんが要求されたか、もしくは基礎屋さんの施工業者としての配慮か。いずれにしても久し振りに見た寒中の基礎工事光景です。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:53| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする