2021年03月08日

春のお彼岸二週間前

あああーーーーーーっ、どこでもいいからどこか遠くに行きたい。
ウメ2018

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

やっぱりここも見えなくなった

実に残念です、やはりここも屋内が見えなくなってしまいました。
四面が防塵シート
東側隣地は草が伸び放題の広い空き地で、北側面は県道に接しています。なにも経費を掛けてまで防塵シートで覆わなくても、だれにも迷惑は掛からないでしょうに…。

それにしても相変わらず身内ばかりの大きく派手な広告です。
しかしさすがに「総桧造り」の文字は消えました。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:53| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月05日

木材商から見てほんとうにエコな製材品

現在の住宅建築ではほとんど需要が無くなったスギの半貫(はんぬき、別名:胴縁どうぶち)です。一昨日に掲載しました貫(ぬき)と同様に下地材として扱われます。
スギの半貫乾燥材
一般的に下地材はたっぷりと水分を含んで腰に重たく肩に沈む製品ですが、たいへんありがたいことにこの半貫は乾燥しています。しかも重油と電気と税金を使った大型機械で無理に乾燥させたものでは無く、昇るお日様と吹く風に当てて乾かした製品です。運ぶのにも軽く、手に持つにも楽で、さらに建築資材としては強度が増します。こういう製品を値切ってはいけません。

今の世間様には広く「環境に優しい住宅」とか「家族とエコな住まい」などの言葉が数多く踊りますが、各社営業担当者に「どこが優しくなにがエコか?」とぜひ聞いてみてください。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:36| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

今どきの立ち会いに参加する考察

弊店より川を二つ越えて製品市場の立ち会いに出掛けました。
この市場には実に久し振りの来場で、道中車窓から見る景色が大きく変わっていました。
輸入ロシア材の立ち会い
今日は年に数回ある大きな催事で、来場者数はいつもよりかなり多いと感じました。
画像は輸入ロシア材の立ち会いの様子です。左端で手を挙げているのが売り手(競り子)で、多くの小売業者が製品を見定めているところです。私見ですがこの他の立て製品の出荷に目新しい製品は見つからず、場所柄こうした輸入材製品の周囲にはサッと人垣が集まります。

しかし弊店は残念ながら目的としていた製品には巡り会えませんでした。
弊店のような零細商法は、もう立ち会いへの参加は無用なのかもしれません。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:23| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

強い風が収まった青空の下で

今日は令和三年三月三日、三連単三敗のひな祭りです。

昨日終日吹き荒れた南風も収まり、朝から冬の高い青空が広がりました。
この天気で大工さんも屋根に上がり、一階屋根下地の施工が続いています。
一階屋根下地の施工
一階床上に高く積まれてあった下地材はすでに無くなり、筋違いや間柱、窓台が入っていました。
しかし昨日の強風で横殴りの雨が屋内へ吹き込み、一階床に雨水が入ってしまいました。
建て主さん、もう一歩というところで残念でした。

かたや80m離れた木材店は、仕入れたスギの三寸貫(さんずんぬき)を立てる作業に追われました。
スギシラタの三寸貫
見た目にシラタのこの製品、五枚で一束としても水分をたっぷり含んで肩と腰に実に重い。若かりし時代には十枚一束でもそうは感じなかったものの、これも加齢によるところかと涙が出ます。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:56| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

強い南風に向かうこと無く弥生三月入り

弥生三月になりました。
久し振りに降った恵みの雨は歓迎するとして、荒れ狂う南風はいただけません。
この数日屋根の野地板を張っている大工さんも、さすがにこの強風にはお休みです。
南風に揺れる
気がつくと、ここ下総は今冬降雪がありません。スタッドレスタイヤは倉庫の奥でシートをかぶったまま、一度も活躍する機会はありませんでした。年を追う毎に強まる温暖化が気になります。

弊宅町内は菜の花が芽吹き、桃の花が開きました。卓上のラジオからは桜の開花予報を伝えます。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 14:53| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする