2021年05月01日

ヒノキ製ウッドデッキの製作_其の壱

お陰様で前日終日降り続いた雨も上がり、設置現場での施工が行われます。

地盤面に床束(ゆかつか)を立て、大引(おおびき)を設置します。
ここで設置する地盤面が水平で無いためにこの作業は難行します。
床束と大引の設置
厚さを42mmに仕上げたヒノキの床板を大引に仮止めします。
依頼主さんのご希望で床板間の隙間は二分(約6mm)にしました。
床板の仮止め
床板の枚数と間隔を確認した後、ステンレス製のビスで固定します。
床板の設置
床板の長さを揃えて手摺り柵を施工します。
手摺り柵の施工
この時依頼主さんから「シロアリの予防対策は…」と質問がありました。
ヒノキの赤角
ご心配には及びません、床束と大引はヒノキの赤角です、シロアリの訪問はあり得ません。
>>>「其の弐」につづく>>>

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:02| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする