2021年11月24日

グラスウール断熱材の敷き込み

弊宅西側徒歩05分の本日13時少し前は、想定どおりの工程でした。若い大工さんはお昼休みを少し早めに切り上げたのか、ひとりで黙々とあの黄色い断熱材を敷き込んでいました。
グラスウール断熱材の敷き込み
今週明け月曜日に雨の中での作業以来、よほど日程に追われているかのように見受けます。こちらは天候を見ない工期厳守の会社です、日を空けないで上棟日が予定されているのでしょう。
グラスウール断熱材の敷き込み
とにもかくにもここの建て主さん、屋根が覆われるまで降雨が無いことを祈ります。

ヒノキを重油と電気と税金を使って乾かして、手が荒れるほどの薬に浸け込んで、さらに白アリを殺せる薬をまいて、素肌に付くとかゆくなる断熱材を床下一面に敷き込んで…。この家のどこが会社が声高に唱える「人と環境に優しい家」なのか。当記事ご高覧の皆様方、よぉく考えてみましょう。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:09| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする