2022年01月27日

二者択一のスギとヒノキの鍋敷き

数日前より家人から「鍋敷きが欲しい」と懇願されて、弊店倉庫内にある「端材を削るか…」と考え、くだんの建具屋さんを訪ねました。すると即座に「鍋敷きならウチにもあります」と言われて。
# 上野木工所製「可変式スギ柾目の鍋敷き」
可変式スギ柾目の鍋敷き
# 木材商依頼の「高樹齢ヒノキ赤柾目の鍋敷き」
高樹齢ヒノキ赤柾目の鍋敷き
さて「材木屋の女房」はどちらを好んで選ぶでしょう。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:11| Comment(2) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする