2012年07月12日

小林さんちの家造り Vol.109

この物件最後の工程、残りの木製建具の建て込みが行われました。
居間の引き戸
居間から玄関への引き戸、腰板のスギは秋田二ツ井産のタタミ下地です。

子供部屋の収納部
子供部屋の収納部。

トイレの引き戸に鍵
トイレの引き戸に鍵を取り付けます。このスギ板も秋田二ツ井産。
posted by 長風呂呑平 at 08:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 小林さんちの家造り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに「家の基本」をすべてクリアした建物になりました。

よそを見渡せば、太陽光だのエコだの言いながら
エネルギーの垂れ流しをやっているんですからおかしいです。

そんなものつけたって発電所がいらなくなるわけでもないのに
何を考えているんだろうと思います。

それだけの費用をかけるんだったらいくらでも
小林さんのように基本的なことに回せるのになと思います。

もったいない。
Posted by 放射能に強い高齢者 at 2012年07月13日 08:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック