2015年07月16日

夢の国の隣にある現実

現在首都圏内で間違いなくこの私に最も似合わない駅。
JR京葉線舞浜駅

東京中央木材市場この週末からは夏休みに入った家族連れや子供たちで、文字どおりお祭り騒ぎになるこの夢の国への入り口から車で05分。

その夢の国に隣接する場所に、我々木材業者が日々の現実を直視せざろう得ない会社があります。私もこの業界に足を踏み入れて長い時間が経ちますが、お恥ずかしいことにこの玄関戸より中に入ったのは今回が初めてです。

今回訪問の主たる目的は、こちらの東京中央木材市場さんが来月08月21日と22日両日に主催される一般消費者を招いた木材市場見学会で、弊会発行の冊子「“季”のある住まい」を来場された消費者へ配布するためご相談にうかがいました。

お陰様で永島市場長さんをはじめ、皆様とても積極的かつ好意的にご協力をいただきました。そして協議の結果、当日来場された一般消費者先着50組の方に無償配布することになりました。
立ち会い
昨日水曜日は週に一回開催される立ち会い日で、先週末11日に年間を通しての大きな催事があった後で来場者こそ少ないように見受けました。しかし数十年振りに懐かしい顔を見つけたり、また思いがけない製品を見掛けたりと、個人的に一木材商として少なからず楽しい時間でした。
沓沢製材所製品
東京中央木材市場さん、そして松村義彦さん、この度はご協力を頂きましてありがとうございます。

外から見るだけ
夢の国 外から見るだけ 材木屋

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 08:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 樹の仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチのヌキ 市で買われず 涙出る

手を合わせ 買ってほしいと 製材屋
Posted by 秋田の製材所 at 2015年07月16日 10:14
見たところ三人のセリ?
こういうパターンではまず良い値は出ませんね。
Posted by 放射能に強い高齢者 at 2015年07月17日 17:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック