2016年03月16日

軒先と軒裏は

日が傾き掛けた昨日の夕刻です。
現場には軽ワゴン車が三台、内一台は大工さんの通勤車ですので他の協力業者が二組になります。北面と東面の防塵シートが張られ、それでもまだお陰様で取材ができます。
軒先と軒裏
先日屋根上で見かけた板金屋さんの姿はありません。軒先に申し訳程度に破風(はふ)…らしき建材が見えますので、とりあえず一旦は板金屋さんのお役は終了でしょう。

こう見ると軒先(のきさき)、軒裏(のきうら)という言葉は死語になりました。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 07:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何度見ても、エアコンをフル回転させて
仕事する設計事務所みたいに見えます。
Posted by 放射能に強い高齢者 at 2016年03月16日 09:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック