2016年07月14日

よくわかる木造住宅勉強会 2016年2-1

昨日午前に弊店倉庫内で、今期第七回目の弊会定期勉強会を行いました。
今回は木造住宅の見える主要構造材でもある「階段」についてお伝えしました。
ヒノキの蹴込板
画像は今ではすっかり珍しくなりましたが、昔々その昔に階段の蹴込板(けこみいた)用にと思って手当てしましたヒノキの板です。もはや仕入れた価格も忘れてしまいました。
現在の住宅建築では集成材や合板の使用が当たり前になった(なってしまった)階段材。弊店倉庫内で静かに眠るヒノキの階段板やこの蹴込板を参考に、階段を考える上での注意点や竣工後のメンテナンス、そして階段を手掛ける大工さんの技術などについてお伝えしました。

次回定期勉強会2016年2-2の開催予定は、来月08月に入りましてお知らせします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 13:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 定期勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやあ、懐かしいですねえ。
ケコミのムク材、久しぶりに見ました。
Posted by 放射能に強い高齢者 at 2016年07月14日 15:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック