2017年10月12日

いつの時代も諸行無常

三国の街中を散策すると、駅でいただいた観光パンフレットにある「三国港きたまえ通り」以外にも、至るところに当時を忍ばせる家並みを散見できます。このような家並みが行政の指導無くして残っているとすれば、この町の住民意識はよほど高いものだと感心します。
酒屋さんの隣
一見して町の旧家であるらしい森田本家。
森田本家
こちらは和菓子屋さん。
大和甘林堂
今では珍しくなった提灯屋さん。
いとや提灯
その当時は街道沿いだけではなく、細い路地裏に至るまで三国の町中が賑わい栄えていたのでしょう。その後時代は船から鉄道、そして自動車へ移りました。
その自動車も今後はガソリンから電気、さらに水素へと替わりそうです。

江戸の時代から変わらぬ製品を取り扱っている業界に身を置く者として、現在平成の木材林業市況は致し方ないのかもしれません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:26| Comment(1) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言われてみればなんの付加価値も付けていませんね。
ただ売るだけの商売は要らないと言われてしまいます。
この点をなんとかすればまだ生きる道は…、ないか。
Posted by 放射能に強い高齢者 at 2017年10月12日 15:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。