2017年11月23日

朝は雨降り、午後は青空の祝日に

今日は朝から雨の祝日で、ただでさえ静かな店内も雨音だけが響きます。
ヒマに任せて開く新聞も、どこのページも釈然といく内容ではありません。
雨上がりのイチョウ並木
これが民間の企業であれば、とうの昔に整理淘汰されます。
請求書だけが残って納品書や仕様書が見つからず、税務署が入っても探すことすらできません。社長や部長が「これは適法」と叫んでも、どの取引先の誰が納得するでしょう。担当の部下は資金繰りの心配をする必要はさらさらなく、自分の懐を痛めることなど微塵も考えません。社長は「懇切丁寧に」と繰り返しますが、できることならやってもらいましょう。
それにしてもこれでよくこの取締役会が再任されたと不思議でなりません。

たったひとりに残された大将も、公私とも心身ともに迷われていると見受けます。大将らしからぬ潔さ欠く一番で、子供たちに「あれはなに?」と問われて返答に困る映像でした。

東芝がサザエさんから降りるそうです。
雨が上がった午後のイチョウ並木、明日は北風が吹いて舞い散る黄金色もあとわずかです。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
証拠がないと何も言えないという歯がゆさ、
逆に証拠がなければ即刻クロという法律を作れば、
書類が残っていないなどということはないと思うのですが。
Posted by 久保敏雄 at 2017年11月24日 08:46
その法律を作るのがこの取締役会ですから…。
Posted by 長風呂呑平 at 2017年11月24日 16:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。