2018年03月09日

体感できた春の嵐

良く降りました、お彼岸前に季節の入れ替わりを体感できる雨でした。朝方に暖かかった気温も正午過ぎには下がりはじめ、慌ててストーブに灯油を入れ足しました。
ニュー玉や跡
昨秋までここには旅館がありました。気がつくと見慣れた賃貸アパートが三棟。
駅から弊宅までの銀座商店街は、どこを向いても賃貸借家だらけになりました。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銀座商店街、昔なら「活気」を意味した言葉だったですけれど
今は「寂れた」を意味するようになってしまいました。
Posted by 放射能に強い高齢者 at 2018年03月12日 10:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。