2018年05月23日

越中八尾の福鶴酒造

昨今では民謡「おわら風の盆」で全国区になった越中八尾を訪ねました。
その「風の盆」が開催される毎年09月01日から03日の三日間には、この小さな街が約80,000人の人出で賑わいます。しかし季節が外れた初夏の週末は、カメラとガイドブックを片手にした夫婦連れと見受ける男女が数組、ゆっくりと歩く姿が見られるのどかな山間の街並みでした。

気温が高く日差しが強いこの日。毎年に一度賑わう「風の盆」を見聞きしようと、好物の買い物がてらに立ち寄った福鶴酒造さんです。ヒンヤリとした空気が漂う広い店内で折良く若女将さんに対応して頂き、お陰様で会期中に賑わう八尾の街を詳しく知ることができました。
越中八尾の福鶴酒造
越中八尾の福鶴酒造店内
ケヤキの差し鴨居(さしがもい)に数段に組まれた太いアカマツの梁と桁。天井板が無い小屋裏からは、棟の明かり取りから差し込む光がほどよくタタミに届きます。
純米原酒八王
若女将さん、お忙しいところをご親切にお付き合い頂きましてありがとうございました。09月の「風の盆」開催時には、ぜひそのお座敷で八王を頂きたいものです。

福鶴酒造株式会社 富山市八尾町西町2352 TEL:076(455)2727

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:00| Comment(2) | My 食べログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁ、さすがに酒類の”通”ですねぇ。
私なら素通りしてますわ。
Posted by 放射能に強い高齢者 at 2018年05月23日 21:03
伊達に投資はしていません。
Posted by 長風呂呑平 at 2018年05月24日 10:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。