2018年07月30日

外構工事中に一棟100万円の減額

弊店東側は外構工事が進んでいます。ごく普通のアルミフェンスに二台分の駐車スペースは、当節どこにでも見る広さです。もちろんタイルなどの装飾はまったくありません。

宅地角地に面積と間取りの案内板が設置されました。
かたわらにA4版のチラシが挟まれ「ご自由にお取りください」と書かれてあります。
一棟100万円の減額
販売価格の欄には当初印刷された活字の上から赤い二本線が引かれ、手書きの数字が赤太く書かれてあります。この工事未完の段階からすでに減額された数字で、その額は一棟100万円差し引かれています。初めに印刷された数字はいったいなんだったのか、いつも不思議に思います。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:08| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
看板の裏側には協力業者の人たちの声が書かれていて
「この100万円の値引きは私たちの血液分です」と。
人の幸せはだれかの不幸の上に成り立っているわけです。
Posted by 久保敏雄 at 2018年07月31日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。