2018年11月05日

販売会社が変わって一週間で減額100万円

さて弊店東側の西側棟は、販売会社が変わって一週間でさらに100万円の減額です。
販売開始から三ヶ月を経過して、初値提示から都合400万円値が下がりました。
お値段下げました
1,990万円
まぁ竣工後三ヶ月も経ってみれば、建て売り物件で残された選択肢はこの方法だけでしょう。

しかしいつも感じますが、先に隣地の東側棟をご成約された(成約してしまった)「お隣さん」はこの現状をどう思うのでしょう。もちろん契約時に特約として「決して文句は言わないこと」と明記されるのでしょうけれど、やはりどうしても「早まったか…」と思うのは人情でしょうね。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:16| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
太陽が早くのぼる分の差額料金です。
……と説得されますよ。
Posted by 久保敏雄 at 2018年11月06日 08:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。