2018年12月27日

完成見学会から三ヶ月経っても768万円

この物件の前面道路を少し南に進むと利根川に架かる橋を渡り、隣県千葉に通じます。当然に日中の交通量はかなりのもので、おそらくこの黄色いノボリ旗は多くの車中の目に留まるはずです。
歳末も残すところあと五日となり、その交通量もわずかではありますが減ったように感じます。
完成見学会から三ヶ月経過
こちらもあの華々しい完成見学会から三ヶ月が経ち、その当時のままの状況で年越しになるようです。人目を引くハデなノボリ旗も数が減ったようには見えず、敷地内いっぱいに設置された「お譲りします」の横断幕も変わりはありません。この光景を超低価格に釣られるほど昨今の消費者は甘くないと見るか、あるいはこのハデさに引いてしまったと考えるか…。
道路対面のGS従業員さんは「あぁ、さすがにもうだれも話題にしませんよ」と冷ややかです。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:31| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小さい声で聞く耳立てないと…、と言うくらいのほうが。
大声でがなり立てられると…、という心境と同じですね。
ノボリは一本にしたほうがいいのでは…、よけいなお世話か。
Posted by 久保敏雄 at 2018年12月28日 13:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。