2019年02月08日

弊店東側で基礎ベース配筋施工

弊店東側では基礎ベースの配筋が行われました。
作業人員は二名、通勤は隣県ナンバーの軽乗用車でした。朝方に始まったな…と思って見ていると、正午過ぎにその姿はありませんでした。明らかに昨日作業していた二人とは異なります。
基礎ベース配筋
最近は構造部材のプレカット加工の一般化により、上棟作業だけを請け負う大工さんがいると聞きます。この基礎工事も整地や配筋など、細分業化(専門化)が進んでいるのかもしれません。

それよりも明日の予報は降雪に低温…、翌朝には凍結して当分の間は溶けないでしょうね。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:56| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正確に言うととび職の方ですね。
屋根野地合板まで張って、
その後は屋根屋さんがルーフィングを張って…と、
大工さんは屋根にほとんど上らないそうです。
時代は変わりました。
そうそう、この合板野地は各地で腐りの被害が
出ているって。やっと結果が出てきました。
Posted by 久保敏雄 at 2019年02月08日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。