2019年03月01日

弊店東隣は雨が上がって工事再開

弥生三月になりました。
昨日終日降り続いた雨は朝方まで残り、三月の声を聞いてもどこか肌寒い朝でした。弊店東隣はそんな天候も一向にお構いなしのようで、大工さんと屋根屋さんが工事を始めました。
防塵シートで工事再開
こちらの物件もご多分に漏れず青い防塵シートでキッチリ覆われ、すでに屋内部の様子をうかがい知ることはできません。しかし北面隣地の物件を配慮するのはわかるとしても、一見して残り三面は一分の影響も無いように見えます。常に建築費削減に悩む貧しい木材商から見ると、声高にローコストを唱える会社としては、わずかな金額ですが無駄な経費としか思えません。
北側隣地境界線とセキスイ製邸
北側隣地のセキスイ製邸との間隔はごらんのとおり、残念なことに今までの日照は夢と消えました。人間誰しも今まであったものが無くなるのは辛いもので、ましてそれが自然の恵みとなるとことさら悔しいはずです。こんなに早く我が身に降りかかるとは予想していたかどうか…。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:10| Comment(1) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁ、人間ってあったものが無くなると恨みになりますから。
ここのお宅ではどういう関係を築けるのか心配になります。
Posted by 久保敏雄 at 2019年03月02日 10:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。