2019年06月21日

四年三ヶ月耐え忍んだその結果

弊店徒歩05分で住居表示は隣市の、旧住宅都市整備公団が開発した分譲地です。
ノボリ旗が立って後、「この土地も売れないなぁ…」と見つめ続けて四年と数ヶ月。
二区画に分筆
久し振りに前を通ると、今どきの建て売り物件が二棟建築中でした。
ローコスト物件二棟建築中
すでに外壁工事が施工中で最早屋内を垣間見ることはできません。
外壁施工業者の通勤用と思われる軽自動車は川向こうの隣県ナンバー、隣地のハイエースも同様です。申し訳程度に出た軒先に、今どき流行柄の窯業系サイディング。そして二台分の駐車スペース。

どこをどう見ても昨今主流のローコスト物件です。
やっぱりここも建て売りか…と、昨今だれもが使う住宅建築の方程式にうんざりします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:45| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。