2019年08月02日

竹小舞と土壁の居間に壁掛け型エアコンを設置する

約七年前に弊店が手掛けた貫工法による土壁の居間に、諸般の事情により壁掛け型のエアコンを設置する依頼を受けました。土壁に壁掛け型のエアコン…、つまり土壁に穴を開けることになります…。

1)電気屋さんが室内機の設置箇所に設置板を借り止めします。
設置板の借り止め
2)室内機に接続するホースとケーブル類を屋外へ出すため、土壁に穴を開ける位置を決めます。
穴開けの位置決め
3)ドリルを使って慎重にゆっくりと土壁に穴を開けます。
ドリルを使って穴開け
4)借り止めした金属板を外して、大工さんが真壁柱と桁が平らになるよう下地板を取り付けます。
下地板を設置
5)室内機を設置する金属板を取り付ける準備ができました。
設置準備完了
6)下地板に金属板を取り付けます。
金属板設置
7)室内機を設置することができました。
室内機設置
8)AC電源用コンセントを設置するため、分電盤から梁桁の上にケーブルを這わせます。
電源用コンセントの準備
当初の予想以上に土壁が堅く、お陰様でドリルを使って穴を空けた際に穴の周囲が崩れずに済みました。それにしても、エアコンの設置にこんなに緊張したのはこの場にいた誰もが初めてでした。
電気屋さんと大工さん、ご心労とご協力をありがとうございました。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:27| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。