2019年08月27日

いつも申し訳ありません

この夏二度目になる建具屋さんへの依頼です。
いつも彼には無理難題をお願いしまして申し訳なく感じています。
申し訳ありません
今回持参して足下に置かれた板はヒノキの元玉(根元に近いところ)。
「その内に良いことがありますよ」と笑いますが、いつまで経っても唸らせる依頼ばかりです。
申し訳ありません02
例によって差し金を手にして「さて…、どうしましょうか…」。ホント、申し訳無い。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:00| Comment(4) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さて、なにができるのでしょう、
楽しみです。
Posted by 久保敏雄 at 2019年08月28日 08:34
ほんとに、なにができるのでしょう。
楽しみです。
Posted by あーちゃん at 2019年08月29日 07:23
情報を知るって大事ですね。
県南にこのように良いお店があるのを知りませんでした。
Posted by あーちゃん at 2019年08月29日 07:25
あーちゃんさん、お褒めにあずかりましてたいへん恐縮です。
でもこのヒノキからすれば、ほんの少し前までは
どこにでも極当たり前に見ることができた作業光景なのです。

> なにができるのでしょう

わかりました、お伝えしましょう。
Posted by 長風呂呑平 at 2019年08月29日 10:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。