2019年09月12日

かつて当たり前によく見た原風景

ここ下総は明らかに昨日とは空気が入れ替わりました。
日差しはまだ強いものの湿度が下がり、吹く風が北寄りに移りました。
守谷市板戸井付近
車で移動中、なにげに写した市街化調整区域の画像です。休耕地の隣にはソバの畑、遠目には大手企業の研修施設と総合病院が望めます。今さらながら当地の環境は変わりました。しかし数値的な人口増加は歴然でも、かつて当たり前に目にしていた農村風景はまだ健在です。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 17:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
都会では味わえない風景ですから貴重です。
Posted by 久保敏雄 at 2019年09月13日 08:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。