2019年09月17日

こんなはずじゃなかった

区画整地後の分譲開始から約10ヶ月が経過して、新築二棟が建ちました。北側の先住宅さん三棟としては、さすがに日照は確保されたようですが景観は確実に損ないました。
こんなはずじゃなかった
おそらくその当時は「こんな奥にまで家は建たないだろう」と見込んでいたと思います。
ところがその意に反して平成の世になって、広く静かに宅地化の波が押し寄せました。たしかに市街地からは遠く離れて、今でも日中は郵便配達のバイクと宅配便のトラックしか通りません。
整地終了で二区画ご成約済み01
私だったら言葉には出しませんが、心の奥底で「こんなはずじゃなかった…」と涙します。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:35| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。