2019年09月27日

既存家屋解体工事から一ヶ月

弊店西側へ50m、既存家屋の解体工事から一ヶ月が経過しました。
過日の台風襲来以来、ノボリ旗名の建築会社営業車が訪れた様子も無く、そのノボリ旗も強風に倒されたまま。お彼岸を過ぎて低い雑草が伸び始め、まだらに見える地表が余計に寂しく感じます。

一ヶ月をしても新築の工事が始まる様子も無く、ここはおそらく建て売り物件ではありません。
買取地価は14万円/坪
そして数日前この町内に、ノボリ旗の会社が買い取った地価が流れました。
「ねぇ、ここは更地にして@@万円/坪だって」。情報の出所も確かなようで、まぁ間違い無く正確な情報です。ここは市街化調整区域で課税も低く、思いのほか最寄りの駅にも徒歩約10分です。ただ残念なのが北側道路で、ご覧のように南面は多少高く盛られてすでに二階建てで塞がれています。

買い取り地価がわかった現在、関心があるのは販売価格とご近所さんになる人物だけ。
今後建築されるであろう建物は確たる想像ができ、私にはなんの興味もありません。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:19| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。