2019年11月12日

そういうものだとわかっていても

この数ヶ月、実に久し振りに宅地を探す依頼に苦労しています。
市内某所市街化調整区域
こうして探しているときには見つからず、何の気なしに聞き流しているときに思い掛けず当たります。土地探しとはそういうものだとわかっていても、聞いては走る情報に振り回されています。

それにしても地価は安くなりました。これでは売り手が減るのも良く理解できます。
これもナントカノミクスの影響なのでしょう。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:52| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金銭と言うものは人間だけの通用する通貨です。
ダイヤモンドもその辺に転げていれば石ころの値段。
土地も同じなのではないでしょうか。
昔、石の好きな人があるほれ込んだ庭石に出会ったとか。
その石一個で450坪の土地と交換して手放したと……。
信じられません。
Posted by くぼとしお at 2019年11月12日 18:21
弊店町内にも終戦後に
自転車のタイヤチューブ二本と、
畑一反歩を交換したという実話があります。
Posted by 長風呂呑平 at 2019年11月13日 09:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。