2019年11月28日

また始まった幼稚な言い訳

また明細書が無いだの名簿が無いだのと、ウソをつくならもっとわからないウソをつくもんだ。
ダイソーで一個買ったってレシートはくれるし、幼稚園のお誕生日会だって名札を下げるだろ。
無くしたのであればホテルから取り寄せればいいし、今の時代に手書きの名簿でもないだろが。
アメでも舐めてな
それにもまして煮ても焼いても食えない女房だ。
去年あれほど騒がせて「夫人は私人」と言わせておきながら、舌の根も乾かぬうちに「あの人とこの人も」とはよくもまぁしゃしゃり出ることができる。あの年になって学習能力が無いことにも呆れるが、周囲にいる取り巻きがそれに気がつかないことにも驚かされる。

TVカメラの前で下を向き「ありません、捨てました」と答えさせられる姿もかわいそうだが、勢いよく責め立てて結果を証明できない公僕もよくよくだらしがない。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 09:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういうウソを平気でつく人間にはなりたくない。
…と、こういう人も最初はそう思っていたのでしょう。
でもねえ「世間がそうさせるのよ」。
反社会的っていうのは、
こういう人たちも含むんじゃぁないのかな。
少なくとも我々と同類とは言えない。
Posted by kubo toshio at 2019年11月28日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。