2019年11月30日

その名のとおりまさにアスナロ

昨日が青森ヒバで今日はヒノキ。
ヒノキ板の加工
これが毎週に一回でもあれば、お互いに息がつけるのに…。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:40| Comment(1) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心地よい匂いは精神も安定させます。
自然物としての人間は自然物としての木材を
なんの抵抗・拒否もなく受け入れることが
できる同類なんですよね。
そこへ化学的物質が入り込んで来るものだから
なにか異変が起きるのは当然のこと。
早くそのことに気付かなければ……、
と思うのですが、これがなかなか。
Posted by 久保敏雄 at 2019年12月02日 08:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。