2019年12月03日

近い将来に貴重な画像

それでは幾多のお叱りにお応えしまして、今では珍しくなった「材木屋らしい」画像を。

天然青森ヒバの鴨居(かもい)です。
青森ヒバの鴨居
和歌山県産樹齢120年生のスギ管柱、もちろん自然乾燥材です。
樹齢120年生スギ管柱01
樹齢120年生スギ管柱02
天然青森ヒバの板割、これは格子の桟に姿を変えます。
青森ヒバ板割01
青森ヒバ板割02
いかがでしょうか。いずれも近い将来、貴重な画像になると思われます。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 18:01| Comment(3) | 樹と木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いまでもじゅうぶんすぎるくらい貴重です。
あの風のきつい土地で建具材になれるまで
じっくり育ったのですから。
Posted by くぼとしお at 2019年12月03日 20:39
もちろん資材もそうですが、
この大工さんももうそう若くはありません。
使っている工具の修理も今後は控えると言われます。
弊店の周囲を見渡しても、このような加工依頼を
受けてくれる業者さんはいなくなりました。
Posted by 長風呂呑平 at 2019年12月04日 09:36
それは全国的現象ですよ。
昔からわかっていたことなのに残念です。
あと10年もしたらこのような職人確保は
めちゃくちゃ困難になるでしょう。
Posted by 久保敏雄 at 2019年12月04日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。