2019年12月04日

北風が知らせた思い出の味

弊宅と懇意にさせて頂いているご夫婦に、毎年この時季になると県北大子町へリンゴ狩りに出掛けられる方がいます。今年は秋の台風襲来で、その楽しみが削がれてしまうかも…と懸念されていました。それでも先週末、営業先の農園に無事を確認して足を運んだそうです。
市内みずき野五丁目
主たる目的はそのリンゴ狩りにありますが、細君の次なる楽しみはその帰路。
国道118号線を常磐道の那珂インターに向かって南下する途中、旧瓜連町に入って間もなくの国道沿いに和菓子屋さんが販売するアップルパイにありました。残念ながら私には守備範囲外でよくわからないのですが、細君は元よりネット上でも「安くておいしい」と高評価でした。

昨日に今年のその報告を聞くと「日曜日なのにお店が閉まっていた」と言われます。
不思議に思い検索してみると「きね八、自己破産申請」の記事が目に入りました。
主な原因は本業である和菓子の販売不振にあるようです。細君の落胆振りは「もうあの味は食べられない(涙)…」と言葉にできません。惜しまれつつもまたひとつ、地方の銘菓が姿を消しました。

そういえば…、12年前に病で亡くなった同級生もこのアップルパイが好きでした。
残念だなぁ真智子、あのアップルパイ無くなっちゃったよ。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 16:30| Comment(1) | My 食べログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぁ…、あの角のお店ですね。
私も気になっていましたが消滅ですか。
時代の流れでしょうね。
栄えるところあれば衰えるところあり。
私のところも後者ですが。
Posted by 久保敏雄 at 2019年12月05日 07:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。