2020年01月21日

五日間の設置費用に見合う効果は

弊宅から車道への出入り口、画像左上の赤い標識がおわかりでしょうか。
つい先週、この小さな「止まれ」を設置するのに五日を要していました。
止まれ
この道が優秀なご子息が通う地元中学校の通学路であることも、
これでゴハンを食べている人がいることもじゅうぶんに承知していますが…。
この標識にだれが気付くのか、はなはだ疑問でなりません。

巻ヶ沢橋
茨城県南地域に木造建築で新築や増改築を検討されている皆様、
守谷市に開業して54年になる二代目木材商からの提案です。
ぜひご一読ください、けっして損はさせません。→→→

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 < 住まい < 国産材・地域材住宅 に参加中です!!
Please click over the icon once a day.
posted by 長風呂呑平 at 15:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世の中は無駄で廻っているのが事実です。
過去形になってしまえば誰も戻すことは出来ません。
要するに建前で「やったもの勝ち」です。
そうそう、通学のときの立哨だって同じこと。
必要なら警察がやればいいのに、なんで民間人が…。
Posted by 久保敏雄 at 2020年01月22日 09:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。